読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

幸せだと感じるモノ。


バックパックと普段使いのリュック、

今回の2ヶ月弱の旅の荷物は

それにすべて詰め込んでいきました。


最初は

ちょっと厳しいかなと思ったんです。

でもうちの奥さんがさらっと言った、

このひと言で迷いはなくなりました。


「 これに入るものしか

     持っていかなければいいんじゃない?」


そして実際、その荷物だけで

充分に生きていくことはできました。


じゃあ、うちにある

それ以外の荷物は何なんだろうか?


大統領邸宅ではなく

郊外の農場に奥さんと暮らし、

収入の9割を寄付し、

資産は18万円相当の

1987年型フォルクスワーゲンのみという

「 世界で最も貧しい大統領 」と言われた、

ウルグアイの元大統領 ” ホセ・ムヒカ '' 。


現在は

「 南米諸国連合 」の大統領を務めている彼は

最近のインタビューで

こんなことを言っていました。


「 幸せだと感じるモノは、

     私はすべて持っている。

     これ以上のモノを持てば、

     とても不幸になってしまうから

     持っていないだけなんだよ。」


「 もし君がゲリラで、

     山に潜んでいたとしよう。

     山で快適に生きていくには

     多くのモノが必要だが、

     あまりに多くのモノを

     リュックに詰め込んでいけば、

     今度は歩くことができなくなる。

     人生とは長いゲリラ戦と同じだ。

     リュックは軽くしておかないと、

     歩き続けることができないんだよ。」


コスタリカに1日いたら、

一度は必ず聞いたり、

目にしたりする言葉があります。


『 PuraVida!』


このブログのタイトルでも使っていますが、

現地では挨拶のときに頻繁に使われます。


「 素晴らしい人生だよ!」的な意味。


コスタリカに住んでいる人たちは

この言葉を毎日、しかも何度となく、

高らかに言っているのです。


コスタリカは中米という地域では

経済的に発展した国。

アメリカ資本がかなり入ってきているので、

ファーストフード店や

スニーカーを売るお店、

ショッピングモールなど数多くあります。


なので資本主義社会ならではの、

より多くのモノがほしい

という欲求はあると思います。


ただ反面

「 足るを知る 」的な部分もありまして。


多種多様な恵まれた自然、

温暖で過ごしやすい気候、

そして自分たちの国でまかなえる

美味しいコーヒーや

フルーツ(ほんと美味しい!!)。


そういう部分への誇りが

「 PuraVida!」という言葉にも

繋がってきてるんじゃないかなと思います。



f:id:tetsufootball:20161231091550j:plain



今回旅に出てみて、

自分はまだまだ余計なモノを

持ちすぎているなと感じました。


それは形あるモノだけではなくて、

自分の心にある無形のモノも含めて。


ムヒカが言う

「 幸せだと感じるモノ 」が、

まだちゃんとわかってないからなんでしょうね。


だから

表面的な安心感や満足感を求めて、

より多くのモノを持ったり、

新しいモノを持ったり。


で、気づいたら、

リュックが重くなりすぎてて、

歩くことができなくなっている。


部屋を無償で提供してくれたり、

朝ごはんも用意してくれたり

とずっとお世話をしてくれた ” マウリ ” の

精神的にゆとりのある

シンプルな生活を見ていたら、

自然と自分のリュックの重さに

気づかされました。


じゃあ、リュックから何を出していくのか。


2017年にまずやることは

そこだなぁと思っています。


僕なりの、うちら夫婦なりの

「 PuraVida!」な人生を追い求めて。


みなさん、

今年も本当にお世話になりました。

来年もよろしくお願いします!



 『 人生は一度きりで、

     すぐに過ぎ去ってしまうんだよ。』

                 ホセ・ムヒカ( 南米諸国連合大統領 )



f:id:tetsufootball:20161231091700j:plain