Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

ナチュラルに。

 

20代の前半

高校生のサッカーコーチをしている時

1週間くらいのオフができたので

思い立ってバリ島へひとり旅に行きました。

 

プランは決めずに空港近くのクタで1泊

翌日にはワゴン車のような乗り合いタクシーで

とりあえず島の中部にある山間の町ウブドへ。

 

そうしたら、ここが本当に心地いい土地で!

 

豊かな自然が広がる田園風景で

標高が高いから空気は澄んでるし

独自の文化と芸術が町中から感じられるし

町自体はこじんまりとしているし。

 

たまたま見つけた緑に囲まれた

小さな安ペンションの居心地も良かったので

ウブドに数日いることをひとまず決めました。

 

といっても

いることを決めただけだったので

その時々の気分に合わせて

町中を散歩をしたり

草サッカーに交ぜてもらったり

地元アーティストのアトリエを見させてもらったり

ご飯を食べながら本を読んだり

原付を借りて少し郊外に足を延ばしたり

と気ままな日々を過ごしていました。

 

日本でのせわしない感じが抜けてきて

いい感じにバリ感覚になりかけてきた数日後。

 

カフェのテラス席でボーっとしていると

そのカフェに面した通りの先から

ひとりの見知らぬ日本人男性が

こちら方面に向かって歩いてきました。

 

 「 うわ、日本人だ・・・ 」

 

とっさに目線を逸らしてる自分がいました。

 

たぶん日本人と接することでいい感じのバリ感覚から

解き放たれてしまうのが怖かったからだと思います。

 

急に心がざわつき始め、顔は上げられず。

 

カフェラテを飲んだりして

自分の気持ちをごまかそうとするも逆効果。

その日本人男性が近づいてくるにつれて

心はどんどんと苦しくなっていきました。

 

そしていよいよ、その男性がテラス席の前を通過。

 

 「 こんにちは 」

 

自分に向かって日本語の挨拶を。

 

顔を上げると

その人はニコリとだけしてそのまま去っていきました。

 

ほんとビックリしました

初めての人にする挨拶としては

あまりに自然な言い方で、あまりに自然な態度で。

 

ああ・・・オレはなんてカッコ悪いんだ・・・

 

人間として完敗だと痛感させられて

自分の内側から強烈な「 欲 」が湧き出してきたのです。

 

「 誰といても、どこにいても、自然体でありたい 」

 

あれから20数年

そういられる自分に少ーしずつはなってきたので

若い頃よりも今の方が楽しい!

って純粋に思えてはいるんですが、でもやっぱりまだ。

 

フラットな心でいながら、素直に喜べて、素直に怒れる

様々な感情に反応できる自分になっていきたいんですよねぇ。

 

物欲や名誉欲とかは割とないんですが

自分自身が自然体でありたい

という欲求はかなり強いんだなって最近になって思います。

 

だから、東京から糸島に移住もしたんだろうなと。


f:id:tetsufootball:20180620113653j:plain

 

自然の中にいると、自分自身もまた自然に還っていく。

そう実感することの多い、1年ちょっとの糸島ライフ。

 

もうすぐ本格的な夏がやってくるー

 

 

 『 ひとつのドアが閉まっている時

   もっとたくさんのドアが開いているんだよ 』

          ボブ・マーリー( ミュージシャン )

 

 

f:id:tetsufootball:20180620113837j:plain


f:id:tetsufootball:20180620113922j:plain


f:id:tetsufootball:20180620114022j:plain


f:id:tetsufootball:20180620114156j:plain


f:id:tetsufootball:20180620114323j:plain


f:id:tetsufootball:20180620114821j:plain


f:id:tetsufootball:20180620115108j:plain


f:id:tetsufootball:20180620115206j:plain


f:id:tetsufootball:20180620115319j:plain


f:id:tetsufootball:20180620115455j:plain


f:id:tetsufootball:20180620115604j:plain


小さな冒険。

 

気づいたら

我が家の庭にある木には梅の実がなっていて

気づいたらあっという間に大きくなっていて

気づいたら2回目となる梅の収穫を迎えていました。

 

気づいたら糸島に移住して1年が経っていたのでした。



f:id:tetsufootball:20180605114849j:plain

 

 

プランニング・ディレクター

“ 西村哲佳さん ” の新著『 一緒に冒険をする 』

その巻頭にこんなことが書かれていました。

 

 

 「 僕にとってインタビューは、

   目の前の人と出かける小さな冒険だ。

   どこへ辿りつくかあらかじめわからないし、

   語りながら相手も変わってゆく。

   自分の視界も変わる。

   そもそも、生きていることは

   変わってゆくことなんだろう。

   仕事も生活も2度とないことばかりで、

   誰も同じところに留まっていない。

   みんな冒険の真っ最中なんだ 」

 

 

この春までは

週末はサッカー指導、平日は別の仕事

というサイクルで動いていたのですが

4月からは平日も含めてサッカー指導に。

 

それにともなって

中型免許の限定解除のため教習所に通い

今では自分が指導している「 エリア伊都 」の

練習や試合でのマイクロバスの運転も。

 

で、平日も関われるようになったことで

中学生や小学生だけでなく幼稚園生の練習も。

 

この数か月、いろいろと変わっていったのでした。

 

冒険という言葉は

周りから見たらちょっと大袈裟かもしれませんが

自分のなかでは確かに冒険だったのでした。

 

ドキドキしながら試行錯誤でやってみては

上手くいかなかったらドカーンとヘコんで

しっくりきたら心がポッと照らされて。

 

「 先が見えないからこそ 」なんですよね。

で、それはやっぱり「 冒険 」だと思うのです。

 

疲れるけど、愉しい。

ドキドキするけど、ワクワクする。

 

何歳になっても

新しいことを始めたときって冒険なんだよなぁ。



f:id:tetsufootball:20180605115338j:plain

 


でも今回のようにわかりやすく

新しいことを始めるというだけじゃなくて

ひとつのことをやっていくなかで

ひとつのサッカー指導のなかで新しいことを始めてみる

やったことのないアプローチや練習をしてみる

そんな小さな冒険ができるようになっていきたいです。

 

関わってる子供たちにも

冒険キッズになっていってほしいし。

 

あ、思い返してみたら

人生で一番最初に感動した映画は

グーニーズ 』だった。

 

さぁ、冒険、冒険。

 

 

 

 『 何度でも立ち止まって

   また何度でも走り始めればいい

   必要なのは走り続けることじゃない

   走り始め続けることだ 』

     竹原ピストル「 オールドルーキー 」より

 


f:id:tetsufootball:20180605115413j:plain


f:id:tetsufootball:20180605115443j:plain


結婚写真。

 

もう2か月くらい前の話しになりますが・・・

 

大好きな写真家のおふたり

小宮山さん&和田さんにお願いをして

結婚写真を撮ってもらいました。

 

とんでもなく鮮やかに騙されてしまった

「 サプライズ結婚パーティー 」はあったものの

 

 

ちゃんとした結婚式を挙げてはいなかったので

せめて写真だけは撮ろう、と。

 

一度、衣装のレンタルもやっている

大手のフォトウェディングのスタジオに

見学と相談に行ったことがあったのですが

あまりに整然とした空間での居心地の悪さと

イメージを押しつけられる印象が残ってしまい

( うちらほんとひねくれてるんだよなー )

大事な感覚を共有できる知り合いのカメラマンに

お願いしてみようとなりました。

 

で、お願いしたのが

mobiile inc. 」の小宮山さん&わださん。

 

東京・代々木という大都会のど真ん中に

奇跡的に残っていた古民家カフェ「 DADA CAFE 」で

約5年間、月に一度のペースで開催されていた

ひたすらフリーダムな紹介制の映画サロン「 kiiiiino 」

( こんな柔らかな想いのイベント → こちら )

 

そこでおふたりと出逢い、

楽しくお酒を酌み交わしては、わいわい言葉を交わし

僕も光葉ももうその時点で

大事なものを共有できていたので

迷わずお願いをすることになりました。

 

結果、大正解!!ほんっと楽しかった!!!

 

f:id:tetsufootball:20180505115124j:plain

 

写真という形に残せたことはもちろんですが

それぞれの両親を含めたみんなで

「 あの時間 」を共有できたことが

なにより、すっごく嬉しかったんですよねー

 

f:id:tetsufootball:20180505115256j:plain

 

f:id:tetsufootball:20180505115438j:plain

 

光葉が着ているのは

お母さんが自らの結婚式で使った手づくりドレスで

それを知人がリメイクしてれたもの。

 

これをどうしても着たいという想いがあったから

この写真撮影がありました。あの時間を過ごせました。

 

受け継がれていくもの、受け継がれていく想い。

そして、そこから新たに始まっていく「 何か 」。

 

f:id:tetsufootball:20180505115552j:plain

 

さ、また笑顔で生活していこう

 

小宮山さん&わださん、どうもありがとうでした!!

 

 

 『 花を支える枝

   枝を支える幹

   幹を支える根

   根は見えねんだなあ 』

         相田みつを( 詩人 )

 

 

f:id:tetsufootball:20180505115658j:plain

 

f:id:tetsufootball:20180505115752j:plain

 

f:id:tetsufootball:20180505115829j:plain

 

f:id:tetsufootball:20180505120006j:plain

 

f:id:tetsufootball:20180505120054j:plain

 

f:id:tetsufootball:20180505120206j:plain

 

サッカー授業。

 

ちょっと前の話しになりますが

2月は3週連続で「 エリア伊都 」のスタッフが

糸島の小学校を訪れてのサッカー授業が。

 

 

f:id:tetsufootball:20180323130047j:plain

 

 

僕がメインでやらせてもらった授業では

どの学年でも、こんな話しをしてから始めました。

 

 

 「 サッカーは遊びだから

   上手く出来るかどうかなんて

   まったく気にしないで思いっきりやってね。

   テレビゲームをするときに

   上手く出来るかどうかなんて考えないでしょ?

   それと同じだからさ 」

 

 

サッカーが苦手だったり

身体を動かすこと自体が苦手だったりする子にとって

サッカーをすることがものすごくハードルの高いものに

なってしまってる気がずっとしていまして。

 

きっと、手ではなく足でやらないといけないから

他のスポーツと比べてなかなか上手く出来ないうえに

日本特有の「 失敗したら恥ずかしい 」とか

「 上手くやらなきゃ 」という空気感が

さらにハードルを上げちゃってるんじゃないかなと。

 

だから

「 上手くいくかどうか 」というマインドを一回外して

もうとにかく思いっきりやってみてほしかったんです。

 

で、そんな理由から

ボールを使っての鬼ごっこ的なウォーミングアップ、

弱いパスから少しずつ上げていって

最後にはフルパワーで思いっきりキックする練習、

そして、たっぷりな時間を使ってのミニゲーム

という流れの授業にしました。

 

みんなめっちゃ楽しんでくれてて嬉かったー!

 

ミニゲームが終わると

 

「 楽しかったー、楽しかったー 」

 

って連呼しながら

ぴょんぴょん跳ねてる子がいたり、

片づけが終わって帰るときに

教室の窓から嬉しそうに手を振ってきてくれたり。

 

さらにはそこから外まで飛び出してきて

 

 「 また一緒にサッカーやろうね!! 」

 

って言ってくれる子までいたり・・・

 

サッカーって

すごくオモシロイ遊びなんだって思ってくれてたら、

もっというと、上手く出来るかどうかとか気にしないで

思いっきり自分を解放することって

とんでもなく楽しいことなんだなって思ってくれてたら

そんな嬉しいことはないよなぁ。

 

そうでありますよーに。

 

 

f:id:tetsufootball:20180323130146j:plain

 

 

頭の柔らかな素敵な校長先生

ピュアに教育に向き合ってる年配の先生

誇りをもって働く調理員さんとの出逢いも嬉しかったし、

糸島食材を使った給食もほんと美味しくて、

喜びいっぱいのサッカー授業となりました。

 

サッカー万歳、糸島バンザイ。

 

 

 『 ボールはトモダチ。怖くないよ 』

           「 キャプテン翼 」より

 

 

f:id:tetsufootball:20180323130307j:plain

 

 

 

f:id:tetsufootball:20180323130408j:plain

 

 

 

f:id:tetsufootball:20180323130431j:plain

 

6年生の変化。

 

まさかまさかの3週間連続となった

グローバルアリーナ 」上陸。

 

先週のジュニアユースに続き

今回は土日で行われる6年生の大会

僕は日曜日からの参加となりました。

 

 

f:id:tetsufootball:20180306133105j:plain

 

 

この大会は

メンバーもフォーメーションも交代も

すべて選手たちで決めるという形をとり

こっちからの条件としては参加した14人全員が

1試合のなかで半分以上は出るということのみ。

 

土曜日の予選リーグを3連勝で終え

日曜日はチャンピオンクラスでのトーナメントに参加

残念ながら初戦で 0対0 PK1-2 にて敗退となりました。

 

勝っても、負けても

3試合はやれるレギュレーションだったため

次の試合に向けてミーティング。

 

初戦は「 2-3-2 」という

フォーメーションで戦ったのですが

次の試合は「 1-2-1-2-1 」でやりますと。

 

なんだその謎のフォーメーション…

 

話しを聞いてみると

かなりリスキーではあるものの

挑戦意欲をそそるオモシロイ試みでした。

 

彼らのその想像を少しでも膨らますために

 

 

 「 このスペースは誰がどう守っていくの? 」

 

 「 攻撃になったらここの選手はどう関わるの? 」

 

 「 GKはどんな準備をしていくの? 」

 

 

などの質問を投げては、彼らがそれに答えて。

 

一部の選手だけではなくて

全体としてこの挑戦に食いついているのがわかり

こっちの想像もふわっと膨らんでいきました。

 

そして、2試合目。

結果から言うと 0対2 で負けてしまいました。

 

 

本当にポジティブな内容でした。

 

攻撃面で関われる選手が格段に増え

特に、後ろから次々に参戦してくる感じは

香川真司 ” がヨーロッパでブレイクした

クロップが監督を務めていたときの

ドルトムント 」のサッカーのよう。

 

やるじゃねえか…

 

そそられた挑戦意欲が

アグレッシブなプレーにつながって

それに比例していくように

チームとしてのクリエイティビティも

自然と増していったのが伝わってきました。

 

ゴールを奪えなかったこと

スピードのある選手にカウンターでやられたこと

 

それをどうしていくかを

もう一度話し合って3試合目に臨み

最後は 7対2 で勝利しました。

 

相手を感じながら攻撃できたこと

いろいろな形からゴールを奪えたことは

この試合での大きな収穫に。

 

と、個人として大きな成長のきっかけを

つかんだであろう選手もいました。

 

とても真面目で心優しき男、FW “ Kくん ” 。

 

2試合目からはワントップの位置に入り

前線での起点になってボールは収めるわ

強引な突破から何度もチャンスをつくるわ

相手がボールを持てば激しいプレスで奪い返すわ

チームメイトもビックリする活躍を見せました。

 

彼のこの活躍

じつは「 あるシーン 」が影響していました。

 

2試合目のスタート直後くらい

相手の激しいチャージでボールを奪われた後

Kくんはグラウンドに倒れこんでしまいました。

 

僕が審判をやっていて

厳密にとればファールだったかもしれませんが

あえてファールをとらずにプレーを続行させました。

 

プレーが切れた後

起き上がり始めたKくんのところに行き

「 大丈夫? 」と声をかけると

普段と違った低い声での「 はい 」

そして、これまで見せたことのない

怒りに満ちた眼、獣のような眼をしていました。

 

うわ…楽しみ…

 

案の定、その後の彼のプレーは

何の迷いも感じられない最高のものとなったのです。

 

普段から周りの状況を見て

よく考えることができる選手は

それ自体すごくいいことではあるのですが

試合中にその部分が過剰になると

プレーのタイミングに間に合わなかったり

考えすぎることで迷いが生まれてしまったり

自分ではなく周りの意思でプレーしてしまったり

ネガティブに働いてしまうことが多いんです。

 

真面目で優しいKくんもまさにそういうタイプで

それが足を引っ張ってしまうこともよくありました。

 

ただこの日の相手のチャージを受けた後の彼からは

そうなってしまう気配はまったく感じられないというか

怒りが満ちたことで雑念を浮かべる余裕がなくなった

ような状態になり、でもちゃんと理性も働いていて

すごくいい心のバランスでプレーできていました。

 

 

 「 Kさ、相手のチャージを受けた後

   なんかスイッチ入った感じになって

   プレーがすごく良くなったよね。

   迷うことなくプレーもできててさ。

   Kの場合はこの状態になれれば

   自然といいプレーができるんだと思うよ 」

 

 

 「 でも相手がチャージしてくるのを

   待ってるわけにもいかないよね。

   だからそういう気持ちにもっていく方法を

   自分で何かしら見つけることができたら

   いつだって今日みたいな気持ちで

   プレーすることができるんじゃないかな 」

 

 

試合が終わって

そんな話しをしていると、横にいた6年生が

 

 

 「 じゃあ、僕が試合前に

   Kくんのこと蹴り飛ばしてあげるよ~ 」

 

 

Kくんはいつものように静かに微笑んでいました。

 

これからどうなっていくのか、楽しみです。

 

 

 

 『 誰の真似もする必要はない。

   自分達の道を探しなさい 』

       オシム(元日本代表監督)

 

 

f:id:tetsufootball:20180306133229j:plain

 

喜びの大会。

 

とんでもなく嬉しい優勝となりました。

それは結果以外の大事な大事なものが得られたから。

 

 

f:id:tetsufootball:20180302200455j:plain

 

 

エリア伊都 」のジュニアユースを連れ

『 2018 GLOBAL ARENA 杯 U-13 』に参加。

 

チームに関わり始めてからのこの半年弱

平日の練習に関してはまだ指導できていないため

( 来月4月からは平日を含めフルで関わります )

試合で求めるチームとしての内容については

とてもザックリとしたものに止め

自分の武器となるプレーを自覚すること

それを試合でどう出していくのかをイメージすること

を中心に、一人ひとりにアプローチしてきました。

 

今大会も、そこを主に伝えて。

 

 

 ●「 予選 」

   vs TINO(福岡) 5対1
   vs グローバル(福岡) 1対0

 

 ●「 準決勝 」

   vs ブリストル(長崎) 5対1

 

 ●「 決勝 」

   vs エストレーベ(佐賀) 3対1

 

 

様々な経験ができた4試合となりました。

 

特に予選グループの2試合目

引き分けでは2位になってしまうため

1位になるには勝つしかない状況での試合。

 

個々としても、チームとしても

状況判断の部分でうちの数段上を行く相手に

前半の15分間くらいは

一方的に支配される展開だったのですが

途中からそれを分断できるようになり

チャンスも作れるようになり。

 

次第に一人ひとりのパッションが爆発して

野性が全開になっていっていき

何の迷いもなくなったことで自然と

個々の武器も出せるようになっていき

チームとしてもゾーンのような領域に突入。

 

で、ショートカウンターから先制点をゲット。

 

ただ、あまりにアグレッシブすぎる戦いのため

運動量的な負担がものすごく、後半どうなるかなと。

 

でも結局、最後までそれをやり切り、1対0で勝利。

 

めっちゃ感動しました

こいつらマジでスゴイな…って。

 

これまでの指導者人生で考えても

個人としてチームとして

あそこまで突き抜けた試合は

そうなかったと思います。

 

夏くらいに

「 大人になってから学ぶサッカーの本質とは 」

という大人気サッカーブログが

エリア伊都での僕の指導を取り上げてくれたとき

こんなことを話していたのですが

それが少し実現できたゲームになったのが嬉しい…

 

 

 

 〈 自分自身を解放すること 〉

 

  様々な環境を経験していくなかで

  気づいたらそれが

  僕のサッカー人生でのテーマになっていました。

 

  一番大きな影響を与えたのは

  ブラジルとコスタリカでの経験。

 

  日本では体験したことも見たこともないほどの

  とんでもなく激しい球際の戦いが

  練習から当たり前に繰り広げられていて

  しかもその熱いバトルだけではなくて

  どうやって相手の裏をかいてやろうか

  という遊び心から生まれる駆け引きも

  あちこちで発生していて。

 

  そのとき

  サッカー人生で初めて怖さを感じたんです。

 

  それは

  失敗したら怒られるとかの

  外圧による怖さではなくて

  「 隙を見せたらやられる 」という

  内側から湧き上がってきた恐怖感。

 

  剣道や柔道やボクシングで

  相手と向き合ったときの感覚に

  近いのかもしれません。

 

  ただそんな怖さがあった反面

  ワクワクした気持ちも湧き上がっていました。

 

  言い方は変ですけど「 命を使ってる!」って。

 

  で、そのとき、自分も周りも

  「 動物みたい 」って思ったんです。

 

  頭で動いてるというより

  感覚に動かされてるというか

  身体が自然と反応しているというか。

 

  人間がもともと持っているはずの「 野性 」が

  思いっきり解放されていました。

 

  だから自然と、ごく自然と

  すべてのプレーに感情が込められていたし

  動きにはダイナミズムがあって、

  力強くもあった。

 

  しかもその中には、

  繊細さとしなやかさだってあった。

 

  野性の窓が開いてることで

  その選手が持っている

  ありとあらゆる能力が総動員されて

  ( もちろん知性も含めて )

  プレーとして表現されているように感じました。

 

  じゃあ、どうやったら日本で、

  子供たちの野性を解放できるんだろう?

 

  それが指導をする上での

  大きな問いになっていきました。

 

  「 それをやっちゃダメだろ 」「 こうしろよ 」

  という禁止や命令が溢れすぎてる今の日本では

  小さい頃は全開だった子供たちの野性の窓が

  残念ながら閉じられていることが多いと思います。

 

  で、頭が主役になっていき

  考え過ぎてしまうことで

  知らないうちにその窓に

  ロックまでかけてしまっている。

 

  だから日本で指導する場合にはまず

  そのロックを解いたり、窓を開けることが

  必要になるなぁと思っています。

 

  自分が発想したことを素直にやってみる、

  そんな自分事だと

  感じられる体験を重ねていくこと。

 

  成功や失敗そのものではなくて

  そこで生まれる自信や発見やエネルギーが

  窓を開けていくのに必要な

  安心感や勇気につながっていくはずだから。

 

  そうして「 自分自身を解放すること 」が

  できるようになっていったら人間として

  そして選手としての個性もまた

  自然と立ち上がっていくんだと思います。

 

  ボールを扱うこと。

  相手と駆け引きすること。

  自分の武器で表現すること。

 

  そして、自分自身を解放すること。

 

  ジュニアユースの3年間で

  そのことに大きな喜びを

  感じられるようになっていってほしいです。

 

  で、そんな自分で

  ユース年代のサッカーに

  思いっきりチャレンジしていってほしいです。

 

 

 

 

 

 

あまりに大胆なゲーム過ぎて

「 状況を観て判断を変えていく 」

「 相手の逆をとっていく 」

というような細やかさの部分に関しては

まだまだ全然だったのですが

それを支えるであろう

「 野性 」を全開にできたことは

今の彼らにとっては

本当に大きな大きな経験となりました。

 

やった、一歩進んだ。

 

 

f:id:tetsufootball:20180302200740j:plain

 

 

 

f:id:tetsufootball:20180302200818j:plain

 

 

 

f:id:tetsufootball:20180302200854j:plain

 

 

その試合が終わった後の中学生たちはみんな

笑いが止まらず、喋りも止まらず、な大興奮状態。

 

 

 「 いやー、ほんと嬉しい!!

   なんかもう優勝したみたいー!!

   それぐらい嬉しいんですよね!!! 」

 

 

きっと、その喜びには

追い込まれた試合で勝ったという達成感以外に

自分を解放できた充足感のようなものも

多く混じっていたんだと思います。

 

成長することの喜びを

もっともっと感じさせてあげたいなぁ。

 

そう、「 エリア伊都 ジュニアユース 」

フェイスブックページを立ち上げました。

 

チームの活動についてはもちろん

僕が感じるサッカーの面白あれこれなんかも

発信していこうと思っているので

ぜひぜひ「 いいね 」をお願いしますー!

 

 

 

 

さあ、また次に成長に向かって。

 

 

 『 子供は自分にはそれができるとわかった瞬間

   そこに向けて猛然と努力し

   目標に向かっていくことができる 』

       ジャン・クロード・ラファルグ

    (フランス国立サッカー学院ディレクター)

 

 

f:id:tetsufootball:20180302201006j:plain

 

 

 

 

f:id:tetsufootball:20180302201056j:plain

 

 

 

f:id:tetsufootball:20180302201424j:plain

 

 

トークイベント@糸島。

 

もうだいぶ経っちゃったなぁ・・・

 

1月23日に「 エリア伊都 」主催で

サッカーのトークイベントを開催しました。

 

糸島移住後、初めて企画したトークイベント。

 

ゲストは、中野吉之伴さん。

 

ドイツで10年以上、

育成年代のチームを指導をされていて

UEFA-Aレベルに当たる

ドイツサッカー連盟公認A級ライセンスも

取得されている方です。



f:id:tetsufootball:20180210151947j:plain

 


トークの内容については、

福岡少年サッカー応援団 」の記者の方が

めっちゃ詳しくブログにまとめてくださったので

こちらをぜひぜひ読んでみてくださいー

 

 

 

 

個人的に印象に残ったのは、

打ち合せ時に中野さんが話していた

「 空気感 」について。

 

 

 「 どんなに素晴らしいことを言ったとしても、

   素晴らしい練習メニューをやったとしても、

   選手たちが受け入れようとしない限り

   それは決して届かないから

   ムダになってしまいますよね 」

 

 

 「 だからまずはやっぱり

   受け入れよう、学ぼうと

   選手に感じさせる空気感を

   指導者が生み出していくことが

   大事じゃないかと 」

 

 

 「 今ブンデスリーガでブレイクしている

   ナーゲルスマンやテデスコのような若手指導者は

   最新のテクノロジーを駆使してることばかりが

   クローズアップされていますけども、

   それも選手たちとの信頼関係があってこそ。

   空気感を生み出すことも含めた

   彼らのコミュニケーション能力は

   非常に長けていると思いますね 」

 

 

終わってからは、

糸島の指導者の人たちも交えて打ち上げに。



f:id:tetsufootball:20180210152026j:plain

 


「 Futbol&Cafe mf 」でのトークイベント

Talking About Football 』でもそうでしたが

こうしてフットボールの輪が広がっていくことって

やっぱ嬉しいことなんですよねぇ。

 

その広がりから

今に繋がっていってることもいっぱいあるし、

でも一番嬉しいことは輪が広がれば広がるほど、

その人がもっているフットボールの世界と

自分の世界がかけ合わさればかけ合わさるほど

フットボールは自由なんだ 」

とそれまで以上に実感できていくということ。

 

知れば知るほど

知らないことが増えていくから、

どんどん面白くなっていくんですよねーーー

 

生きている間に、

どのくらいのフットボールの自由を

感じられるんだろうか、ただただ楽しみです。

 

中野さんの最新刊、ぜひ読んでみてください!

自由がいっぱいでワクワクしてきてしまうと思います。

 

中野さん、今度は一緒にボール蹴りましょ。

どうもありがとうございましたー!!

( 中野さんのホームページ → こちら  )

 

 

 『 僕がドイツサッカーの取り組みで

   とくに共感しているのが、

   さまざまな人がサッカーを通じて結び付き、

   社会全体の中で子どもたちが成長していく環境を

   つくり上げようとしているです。

   それぞれが、それぞれの形で

   サッカーと関わりながら、

   それぞれの道を歩んでいる。だから僕も、

   サッカー “ と ” 生きる道を探り続けています 』

       中野吉之伴( ドイツサッカー指導者 )



f:id:tetsufootball:20180210152131j:plain