Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

Diary 2019.05

 

大学を中退して

サッカー留学でブラジルに渡る前 

日記というものを書き始めました。

 

そのときの一番の目的は

不安で崩壊しそうな自分のメンタルを

書くことで少しでも和らげたかったから。

 

それから15年くらい続けたのかなぁ。

 

だからなのか

横尾忠則さんの『 悩みも迷いも若者の~ 』

( タイトルがとんでもなく長いので割愛 )

 沢木幸太郎さんの『 246 』のような

いわゆる日記本も好きになっていったのでした。

 

先月、本屋でたまたま見つけた

日記本を立ち読みしていたら

なんだかワクワクしてきたので即購入。

そして「 よし、書こう 」と。

 

で、今回はそれをまとめて

ブログにアップしてみようと思います。

いつまで続く変わらないけども。

 

以下、5月の日記になります。

最後の[]はその日のサッカーニュースで

個人的に最も印象に残ったものです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

● 5/14(火)

箱崎キューブリックで見つけた

『my little New York Times』という日記本を読んで

「そうだ、日記を書きたいんだ」

となんか思い出した感じあったので書き出してみる。

ひとまず1ヶ月分溜まったら

ブログにまとめてUPしてみよう

しかしこの日々を記録したい欲求は

どこから来てるのだろうか。

今日はみっちーの3回目となる糸島上陸。

 

ボルトンは来シーズン3部降格、

  加えて破産申請で-12ポイントでのスタートに ]

 

 

● 5/15(水)

みっちーが来てくれたからこそ、

たねこ(猫)と出逢えた、塚本鮮魚店に行けた、

スコーンの作り方に興味を持てた。

人が世界を広げてくれることは割とある。だいぶ割と。

いつでもまたいらっしゃい。

メッセンジャーミーティングの可能性を感じた朝。

久しぶりのフットサル参加は恐怖心と共に。

でもやっぱり愉快なのだ。

これに取って代わる幸せはないのだ。きっと一生。

 

グリーズマン、Aマドリー退団 ]

 

 

● 5/16(木)

りんでんサッカー教室、U-6と8、

そして夜のジュニアユース。

何人の子供たちと関わったのか。

練習中にグラウンドの外からだったり、

町を歩いてるとき「ありさかコーチ!」

そう声をかけてくれることは

めちゃくちゃ嬉しいことだ。

ブラジルやコスタリカで感じた幸せに似ている。

声をかけたくなる存在になっていけたらいいなぁ。

しかし覚醒したやつらの

まる裸な姿勢はやっぱり美しい。

だからまずは自分が覚醒すること。

そんな自分でためらうことなく言葉にしていくこと。

 

[ ダディッチ、55試合で36ゴール、24アシスト ]

 

 

● 5/17(金)

美味しい唐揚げ弁当を

心地いい公園で食べることの贅沢感は、

東京では味わったことのない幸せ。

U-6の練習は体験と

入会直後の年少さんが集中して22人の参加。

嬉しい。大変。嬉しい。大変。

カオスな芝生グラウンド。

それを心地いいカオスにできるかは自分次第。

うん、頑張ろ。

たいせいの認知力の高さにはあらためてビックリ。

 

カソルラ、スペイン代表に復帰 ]

 

 

●5/18(土)

なんだか悔しい練習に。

体調が悪いときの

自分自身の整え方をもう一度考えよう。

ホリエモンチャンネルでやってた

新橋『烏森百楽』の

全国各地の美味しいもののセレクト。

食をキュレーションするそのDJ的手法は、

自分のフィールドで何か活かす方法がある。

自分のパーソナリティともリンクできる。

ワクワクしたもんなー。

 

ベルマーレ誤審後の大逆転勝利 ]

 

 

● 5/19(日)

福マルシェの西新から始まり、

ひとり飲みの天神までのウォーキング。

歩くリズムは思考のリズムと結構近い。

たまにこうした何も決めない日を作りたいね。

心が初期化される感じ。

 

[ 東京都少年サッカー連盟、

  7・8月の公式戦を禁止に ]

 

 

● 5/20(月)

雨で練習は中止。

朝から夕方近くまで

龍国寺での甲野善紀さん稽古会。

これまで感じたことのない種類の頭の疲れだった。

自分の身体に向き合うと、心とも向き合える。

松本さんが言ってくれた

「有坂さんの後ろにはいっぱいの人がいるから、

 たくさんの可能性がありますよね」

という言葉に新しい視点をもらえた。

怖れることなくどんどん流していこう。

 

[ コンパニ

  アンデルレヒトでプレーイングマネージャーに ]

 

 

● 5/21(火)

今日の空気の透明感の半端なさ!

自然の中をドライブしてるだけで心が満たされる。

ドライブイン夕陽、ありゃハマるね。

人の顔が見えるお店はやっぱりいいのです。

U-6,8、ジュニアユースといい練習ができた。

自分が整っていた。

 

[ シャビ引退 ]

 

 

● 5/22(水)

庭の草刈りの続きを。

やるまでのあの抵抗感は一体何なんだろうか。

お風呂に入るときもそう。

事務作業をするときもそう。

やってみれば、終わってみれば、

むしろいい気分になってるのに。

抵抗感が募る前に動く習慣をつけようぜい。

U-10のユウマとユウヒは

ONでもOFFでも思考が生まれ始めた。

そういう選手をもっともっと。

左足を使えないことが重くのしかかったフットサル。

制限をかけてくる相手を上回る発想と技術を。

新しい自分に向かって。

 

[ 長谷部、キッカーの年間ベストイレブンに ]

 

 

● 5/23(木)

クリアソンの丸山さんの思考、

心地よく深みに連れていかれるようだった。

やっぱり言語化なんだよ。

今の自分に必要なこと。

今のタイミングで必要なこと。

だからその時間をちゃんと生み出そう。

それがまず始まり。

シンスケ君に教えてもらった

「山バスク」気に入ったー。

名前からしていいもんね。

あの辺りは惹かれるお店が多くてワクワク。

 

U-20ワールドカップ開幕 ]

 

 

● 5/24(金)

44歳の誕生日。

自分は何歳まで生きるんだろうか。

そのときに何を残せるんだろうか。

日々やっていることが

きっと残っていくんだろうから、

もっと楽しんで動かないとね。

そのことを怖れずに。

 

久保建英コパアメリカの日本代表選出 ]

 

 

● 5/25(土)

ジュニアユースを連れてFCバローとのTRM。

めちゃくちゃいいチームだったな。

そう、サッカーをすること。

そのための技術・身体・思考を

ジュニアの頃から育んでいきたい。

U-15の最後1本は

久しぶりに精神的に解放された

いいゲームに。まずは明日。

それにしても、よっぴんの他界。

光葉と話した直後だっただけにビックリ。

もう会えないのかぁ…。

ありがとう。ありがとう。

生を輝かせよう。

 

[ ドイツ杯優勝でバイエルン2冠達成 ]

 

 

● 5/26(日)

支部リーグの上位パート、

ラソーナと1対1の引き分けスタート。

んん、モヤモヤしか残らない。

立ち上がりの問題。

で、もうちょっと

フレームワークをハッキリさせよう。

そこからのアプローチが必要。

 

バルセロナを倒し、バレンシア国王杯優勝 ]

 

 

● 5/27(月)

ブルージャイアントに心を揺さぶられまくり。

コスタリカでの自分の心模様と

リンクすることばかりで。

「 〜したい 」という気持ち。

それをクリアにすること。そして、真っ直ぐに。

と思ったら、大人編から読んじゃってたなんてー。

やっちまった。子供編からやり直し。

ブラジリアン柔術

全身を使うところにはすごく可能性を感じた。

アヤックスが柔道を取れ入れているのもそこ?

小学生年代で身体を

自在に使えるようにしておくことは、

中学生以降でのやれることを増やすはず。

そしてそれはきっと、心にも影響を与える。

質に目を向けること。

質を見抜ける目を育てること。

 

[ U-20日本代表、メキシコに3-0勝利 ]

 

 

● 5/28(火)

結果を意識することで

内容やクオリティにより

フォーカスできるようになる。

自分の場合はその順番じゃない。

そこをちゃんと自覚しないと。

向かっていく先が見えてるなら、

あとは目の前を丁寧に見よう。

U-6は、けいたがようやく

ドリブルで向かっていけるようになった。

姿勢が良くて可能性を感じたなぁ。

 

ネイマールセレソンのキャプテン剥奪 ]

 

 

● 5/29(水)

糸島の知らない道を通ったら

移住直後の感覚が蘇った。

絶対に忘れたくない

土地そのものへの鋭敏な感覚。

道を通る、人と会う、

お店に入る、練習をする。

すべて、そう。

1日に " 初めて " をまぶすこと。

りんでんでも、東風小でも、

練習にまだ入れきれない子がいた。

それを見てイラつく自分にイラついた。

楽しいところに人は自然と集まるんだ。

もらったお肉ですき焼きを食べて、

もらった日本酒を呑んで、

光葉といろいろな話しをして。

幸せな人生なのです。

 

[ U-20 決勝トーナメント進出 ]

 

 

● 5/30(木)

最近歩いてるときの姿勢が

自然と良くなってきてる。

いい姿勢だと、いい呼吸が生まれる。

地に足がついてる実感がある。

で、心も落ち着いていく。

ゲンさんの何に対してもある

本質を見極める視点はスゴイなぁ。

そこから目を逸らすことなく生きたい。

ユン・ジョンファン

ユニフォームの色の話しはなるほどだった。

ラ・カンチャでイベントの話しとかしてたら

久しぶりにあるスイッチが入って

楽しいお酒だったんだな。

 

チェルシー EL優勝 ]

 

 

● 5/31(金)

昨日のお酒が残ってて、身体も心もボンヤリ。

だけど、ブルージャイアント最終巻で目が覚めた。

エディ・ジョーンズの認知へのアプローチ、

具体的でめっちゃわかりやすかった。

そのポイントをたくさん伝えられれば

自然と考えられるようになるんだ。

認知をもっともっと耕していこう。

一日一生、の情熱と共に。

 

[ U-20W杯

 ノルウェーvsホンジュラス 12対0 ハラン9得点 ]

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

f:id:tetsufootball:20190612121136j:image


f:id:tetsufootball:20190612121200j:image


f:id:tetsufootball:20190612121145j:image


f:id:tetsufootball:20190612121219j:image


f:id:tetsufootball:20190612121152j:image


f:id:tetsufootball:20190612121142j:image


f:id:tetsufootball:20190612121130j:image


f:id:tetsufootball:20190612121149j:image


f:id:tetsufootball:20190612121227j:image


f:id:tetsufootball:20190612121156j:image


f:id:tetsufootball:20190612121205j:image


f:id:tetsufootball:20190612121223j:image

 

 

スーパースター。

 

自分の人生で

最初に遭遇したスーパースターは

残念ながら、サッカー選手ではなく

ランディ・バース ” でした。

 

阪神タイガース

2年連続3冠王を取った最強助っ人外国人。

ファミスタ 」でも最強でしたね。

 

そんな憧れのスーパースターがつけていた

背番号「 44 」と同じ年齢になりました。

 

30歳や40歳になるときは

ちょっと感慨深いものはありましたが

こんな中途半端な数字で感じたのは初めて。

 

きっとそれは

ひたすら打ちまくるカッコいい姿だけでなく

ホームランの日本記録がかかった巨人との試合で

ほとんど敬遠され勝負させてもらえなかったときの

理不尽さを受け入れた器の大きさや

病気になった子供の治療を優先することで

阪神を解雇されてしまったときの家族想いの姿にも

子供心に感じるものがたくさんあったんだろうなと。

 

今では野球をすることも見ることもないのに

いまだにこうして感慨深い気持ちになるんだから

幼少時代のスーパースターの存在ってスゴイ。

 

ちなみに

サッカー選手での最初のスーパースターは

元オランダ代表 “ マルコ・ファン・バステン ” です。

 

ミュージシャンの “ 高木正勝さん ” が

インタビューでこんなことを語っていたのですが

この「 究極的にやりたいこと 」って

まさに自分もそうだなぁ、と思ったんですよね。

 

 

 『 僕、自分の人生で

   究極的に何がしたいかといったら、

   感覚を広げたいだけなんじゃないか

   と思えてきたんです。

   解像度を上げたいというか、

   今まで見えてなかったところまで

   ちゃんと味わいたい。

   本当だったら100まであるところを

   30くらいしか味わってなかったら

   もったいないですよね。

   ピアノを弾いていても、

   毎日少しずつ発見があって、

   今まで何で気付いてなかったんだろう

   っていう単純な事実に驚かされるんです。

 

   「 ここまでだと思ってたのに、

     こんなに味わえるんだ! 」

 

   って。

   そういうときが生きていて一番楽しいし、

   それしか求めてない気がします。

   本を読んだり、誰かと話したり、

   何かを経験したりするのも、

    「 まだこんなにあったんや 」

   って感じたいから。

   なんとはなしの不満や不安、

   欠乏を感じているのって、

   それが感じられないときだと思うんです 』

 

 

この前の甲野善紀先生の稽古会でも

最近久しぶりに参加できてるフットサルでも

それこそ毎回の子供たちの練習や試合でも

今まで見えていなかったことがどんどんと出てきては

その度に「 なんで気づけなかったんだ… 」

という悔しい想いと共に

世界が広がった喜びがあって。

 

自分が生きている間に味わえることって

世界の中の本当にごくごく一部でしかなくて

でもだからこそ、できるだけ多くのことを感じたいし

それを誰かと共有できたら

そんな嬉しいことはないよなぁ。

 

今のところは歳を重ねていくほどに

感覚が広がってきている実感があるから

これからも、これからも。

 

 

 

誕生日の翌朝

光葉の実家ネコ “ よっぴん ” がその生涯を終えました。

 

19歳、大往生でした。

 

f:id:tetsufootball:20190527151533j:image

 

うちらが遊びに行くと必ず

よっぴんは「 にゃー 」と出迎えてくれました。

うちら人間のことも、他のネコのことも

すべてをそのまま受け入れていました。

 

天気のいい日は庭をパトロールしたり

土の暖かさを感じるように地面に寝転がったり。

 

大好物の乳製品がテーブルにあるときだけは

子供のようにおねだりしまくっていました。

 

にゃー にゃー にゃー

 

そんなよっぴんが大好きでした。ありがとう。

 

よっぴんのおかげで

ネコのことがさらに好きになりました。

 

いつか自分の人生の幕が下りたとき

サッカーがさらに好きになりました

人間のことがさらに好きになりました

なんて言ってくれる人が現れるんだろうか。

 

そんなの難しいよ。

 

自分の生き様をもって

ネコ好きを増やしたあなたは本当に立派でした。

バースみたいです。スーパースターです。

 

ありがとう、ほんとありがとうね。

 

 

 『 目的地が大事なのではありません。

   景色の変化が大事なのです 』

     ブライアン・イーノ( ミュージシャン )

 

f:id:tetsufootball:20190527152024j:image


f:id:tetsufootball:20190527152027j:image


f:id:tetsufootball:20190527152020j:image


f:id:tetsufootball:20190527152045j:image


f:id:tetsufootball:20190527152049j:image


f:id:tetsufootball:20190527152030j:image


f:id:tetsufootball:20190527152038j:image


f:id:tetsufootball:20190527152033j:image


f:id:tetsufootball:20190527151852j:image


f:id:tetsufootball:20190527152042j:image

 

稽古会。

 

ずっとお会いしたかったその人は

この言葉の通り、やはり「 柔 」の人でした。

 

 

 「 教育では、

   むやみに厳しさを教えなくてもいい。

   楽しさを教えることが大事だ。

   楽しさを教えると興味が引き出されてくる。

   熱中すると自信もつき、

   自然にプライドも育つ。

   そのプライドは、

   自分自身をより厳しい立場へと追い込んでゆく。

   そうして厳しさは

   自然に学ばれていくものだ 」

 

 

身体の可能性について追及し続けている

武術家の “ 甲野善紀 ” さん。

 

武術だけではなく

様々なスポーツ関係者や

表現者の人たちからも教えを請われる方。

 

元野球選手の桑田真澄さんや

サッカー元日本代表監督の岡田監督

役者の片桐はいりさん、などなど。

 

その甲野さんの稽古会が

様々なイベントを開催している

糸島の「 龍国寺 」というお寺で開催され

念願かなってお会いすることができました。

 

f:id:tetsufootball:20190524133250j:image

 

しかも、個人的な稽古もつけてもらえました。

 

下の動画は

相手と接触してるときの身体の使い方について

教えてくださっているものです。

 

youtu.be

 

正直なところ

言葉で説明することはまだまだできないし

これがスゴイと具体的に言うこともできません。

というか、言葉にしちゃいけないなとも思っていて。

 

自分の身体は確かに大事な何かを感じ取った。

でも、まだ自分の中にはちっとも落とし込めてない。

 

それを無理に言葉にしたら

きっととんでもなくチープな表現になるし

自分が思考することもそこで終わっちゃいそうで。

 

いつか言葉にできる日が来ることを願って。

 

ただこれだけは確実なのは

ここ1年くらいの自分の問題意識とリンクしたこと。

 

その問題意識がハッキリと芽生えたのは

今や世界最高峰のボランチとして活躍する

フランス代表 “ カンテ ” の、この映像を見て。

 

重量という意味でのパワーではなくて

「 身体の可能性を集結させて生まれたパワー 」

それを使ってのボール奪取に可能性を感じたのです。

 

 

 

 

甲野先生の言葉をお借りするなら

 

 

 「 地面を蹴るから、遅くなる。

   地面を蹴らなければ、

   予測出来ないために、早くなるのだ 」

 

 

 「 私の武術技法の三原則は、

   ひねらない、ためない、うねらない 」

 

 

になるのかなぁ。

 

よし、やってみよう、問いかけよう、考えよう。

 

稽古会全体を通して感じたのは

甲野先生が上からでもなく、下からでもなく

同じ立ち位置から話しをされているなということ。

 

だからこちらも、すごく自然体でいられて。

 

それはきっとご自身が

身体を実際に使って探求することを

やめてないからなんですよね。

 

「 自分ならではの答え 」と「 自分ならではの疑問 」

その両方がバランスよく同居している感じがしました。

 

知れば知るほど、気づけば気づくほど

ある答えが出て、で、同じくらいの疑問が湧いてくる。

 

 

 「 絶えず渇きを感じている人間にとっては

   一瞬でも喉を潤す水があると

   ものすごく印象深い 」

 

 

ということを

甲野先生は言葉にしていましたが

疑問という渇きを

ずっと持っていられる指導者になりたい

本人を目の当たりにして、めっちゃそう思いました。

 

身体を動かして、自分に質問をして、思考が始まる。

やってみよう、問いかけよう、考えよう。

 

甲野先生、ありがとうございました!

 

稽古会の企画をしてくださった松本さんにも

同じくらいの感謝を。ありがとうございました!

 

風を感じられるのは、頭ではなくて、身体なんだ。

 

 

 『 顔の表情は嘘をつけても

   身体の状態は嘘をつけないのです 』

              甲野善紀( 武術家 )

 

 

f:id:tetsufootball:20190524133408j:image

 

伝わっちゃうもの。

 

ふいに時間ができ

あ、これはナイスタイミングだ

と思いついたので「 福マルシェ 」へ。

 

月に1回、鳥飼八幡宮で開催されている

福岡・九州ならではのものを集めたマルシェ。

 

昨年末に

コスタリカ映画のトークイベント会場となった

ZABaN 志賀島 」という

とんでもく素敵なホテルを経営している

美男美女夫婦が中心になって運営しています。

 

マルシェって

あの独特なピースな空気感が大好きなんですよね。

 

コスタリカでも

日曜日の朝に開かれていて

時間があると足を運んでは楽しんでいました。

 

f:id:tetsufootball:20190521110917j:image


f:id:tetsufootball:20190521110909j:image

 

福マルシェも

ミニライブをやっていたり

お客さんとお店の人たちの会話や

出店者さん同士でも交流していてすごく良かった!

 

糸島で交流させてもらってる

ケータリング・ケータロ さんが出店していたので

美味しいグリーンカレーとビールで至福のひと時を。

 

f:id:tetsufootball:20190521110931j:image


f:id:tetsufootball:20190521110927j:image

 

マルシェが始まったことで

生まれた平和って確実にあると思うんですよねぇ。

 

好きが伝播していってるんだから。

 

f:id:tetsufootball:20190521111008j:image

 

福マルシェを後にして

古着屋や本屋などに寄りつつ天神まで歩いていき

昔ながらの居酒屋で瓶ビールと焼き鳥でひとり乾杯。

 

生ビールをグイっといくのもいいですが

最近はめっきり、瓶ビールを注いで飲む派。

ちなみに注ぐのは好きだけど、注がれるのは苦手です。

 

ここでは日本酒は楽しめそうになかったので

ググって見つけた日本酒バーへと移動。

 

そこは福岡の日本酒しか置かないお店で

せっかくなので、飲み比べセットを注文しました。

 

f:id:tetsufootball:20190521111117j:image


f:id:tetsufootball:20190521111113j:image

 

兵庫出身という女性店主と

日本酒の旅で東京から来たという若い女性2人組が

楽しそうに繰り広げる日本酒トーク

全然詳しくない自分にとっても、めっちゃ心地よくて。

 

それはやっぱり「 好き 」が溢れ出てるから

で、相手に押しつけようとしない「 好き 」だから。

 

その姿勢みたいなものに

なにかインスパイアされるものがあるんですよね。

 

福マルシェの人たち、日本酒LOVERの人たち

「 自分の好き 」を基準にして生きている人たちは

やっぱり輝いていて、ワクワクしてきちゃう。

 

「 伝える 」ではなくて「 伝わっちゃう 」がいい。

 

 

 『 自分の好きなことをやる。

   人はそのために生まれてきたのだ 』

             水木しげる( 漫画家 )

 

その芽を。

 

たまに不思議に思うことがあるんです。

 

どうして未だに

サッカーに関わっていられてるんだろうか、と。

 

それは仕事としてという話しではなくて

サッカー自体に飽きることなく

心を預けられているのかという部分で。

 

小学校3年生で

初めてボールを蹴ったときに全身で感じた

「 何なんだ、この面白さ! 」という衝撃。

 

その年齢でそんなものに出逢えること自体

とんでもなく奇跡的なことだと思うのですが

それ以上にアンビリーバボーだったのは

心に芽生えたその芽を摘まないでくれたこと。

 

うちの母 “ トシコ ” が。

 

サッカーに出逢ったのと

同じくらいのタイミングでうちの親は離婚

うちら3兄弟はトシコに引き取られました。

 

それまで社会に出て働いたこともなかったのに

急にフルタイムで働かないといけなくなり

その上、肉食男子3人の子育てもしないといけない。

 

子供の目から見ても毎日が一生懸命でした

精神的な余裕なんかまったくありませんでした。

 

でも、芽を摘まないでいてくれたのです。

 

 

「 もっと頑張らないとダメでしょ 」

 

「 サッカーばっかやってないで勉強しなさい 」

 

「 なんであのとき、こうしなかったの? 」

 

 

そんな風に

ああしなさい、こうしなさいと

言われたことはほとんどなかったと思います。

 

コーチとして他の子供に関わってるだけで

ああだこうだ言いたくなるんだから

自分のとこの子供だったらもっと難しいはず。

 

もしトシコから言われてたら

サッカーそのものではなくて

その言われる状況が嫌になっちゃって

最終的にサッカーを辞めてたかもしれません。

 

デンマークサッカー協会が

コーチの子供たちへの接し方の心得として

こんな10か条を示したことがあります。

 

 

f:id:tetsufootball:20190517112047j:image

 

 

そう、このほとんどを

トシコはうちらにしてきてくれてたんです。

 

だからきっと

「 サッカーが好きという芽 」を摘まれることなく

結果、ここまで関われているんだよなぁと。

 

今度は自分がサッカーコーチという立場で

それをやっていけるように。繋いでいこう。

 

トシコさんよ、Gracias

 

 

f:id:tetsufootball:20190517112208j:image

 

 

 最後に

「 ほぼ日 」糸井重里さんのコラムで

グッときたものをご紹介。

 

絶対に忘れないようにしよう。

 

子供のときにしか育めないものがあるんだ。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


・ふと思い出して手にとった

 『クマのプーさん』から、

 訳者の石井桃子さんの訳文について考え、

 映画『プーと大人になった僕

 を観ることになり、

 さらには『石井桃子のことば』

 という本を読んでいる。

 

 その本の、表紙をめくったところに

 黒いインクで書かれた作者のことばがある。

 

 

  子どもたちよ

  子ども時代を しっかりと

  たのしんでください。

  おとなになってから

  老人になってから

  あなたを支えてくれるのは

  子ども時代の「あなた」です。

            石井桃子

            2001年7月18日   

 

 

 なんでもなくさえ見えるような、

 このことばは、

 ぼくのこころには、ずいぶんとしみた。

 

 おとなになってから、

 子どものころに、

 大切にしていたぬいぐるみも、

 たくさんのおもちゃも、絵本も、歌も、

 なにかの役に立つということは、たぶんない。

 

 少しでも

 なにかの役に立てようとするならば、

 ぬいぐるみを抱いているよりも、

 足し算や引き算、漢字やら

 外国語の勉強をしているほうがいいだろうよ。

 

 でも、ぼくらは、

 わりと自信を持って言えるよね。

 ぬいぐるみで遊んでいる時代に、

 なにか役に立つことばかりを

 やらされた子どもは、

 こころの真ん中にあるはずの、

 なにかが育たない。

 

 そのなにかというのは、そうだな、

 人が生きるのを支えてくれる、

 「人らしさ」みたいなものだよ。

 

 人間にとって、

 どんな能力やら道具やらより大事なのは、

 たぶんその「人らしさ」みたいなもの、だ。 

 

 それがたっぷり詰まってる人には、

 いいことがあるよね。

 

 今日も、

 「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。

 子ども時代のじぶんに、

 ほんとうに助けられていると思う。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

小旅行。

 

もうだいぶだいぶ前の話しですが…

 

光葉と休みが合ったので

「 よし、どっか遠出しよう 」と小旅行に。

 

目的地を阿蘇に決め

宿だけ予約をして出発しました。

 

それ以外は何も決めてなかったので

ずっと気になっていた2つのお店へ行くことに。

 

まずは

福岡県うきは市の「 リバーワイルド

川沿いにあるROCKなハムファクトリーです。

 

ここのホットドッグの

お肉の荒々しさと油の美味しさの

コンビネーションといったら!

 

f:id:tetsufootball:20190511094930j:image

 

雑然としたお店の周りや

手作り感のある店内

かなーり好みなお店でした。

 

f:id:tetsufootball:20190511095312j:image


f:id:tetsufootball:20190511095327j:image


f:id:tetsufootball:20190511095338j:image


f:id:tetsufootball:20190511101132j:image


f:id:tetsufootball:20190511095343j:image


f:id:tetsufootball:20190511095332j:image


f:id:tetsufootball:20190511095347j:image

 

そして、もうひとつの行きたかった場所へ。

 

福岡県大牟田市にある「 ROOTH 2-3-3

レンガ造りの建物をリノベーションしたカフェ。

 

f:id:tetsufootball:20190511095444j:image

 

広々としたたっぷりな空間と

種類豊富で見た目もかわいいミニドーナツが最高!

 

f:id:tetsufootball:20190511101124j:image


f:id:tetsufootball:20190511095601j:image

 

店内には新聞コーナーがあるのですが

主要紙や経済紙だけでなく

ねこ新聞 」「 不登校新聞 」「 きのこ新聞 」

なんて聞いたことのないものまで。

 

f:id:tetsufootball:20190511095617j:image

 

近くにあったら

通うこと間違いなしな素敵なカフェでした。

 

f:id:tetsufootball:20190511095548j:image

 

いよいよ目的地の阿蘇へ。

 

阿蘇のキレイな風景を眺めながら

宿に向けての山道をいい気分で走っていると

あることに気づいてしまいました。

 

あ…ガソリンがない…

 

エンプティランプ点灯寸前

さっきから全然ガソリンスタンドはなく

宿までもまだ40キロほど。

 

車内の雰囲気が

一変したことは言うまでもありません(笑)

 

途中でランプは点灯したものの

なんとか無事に宿にたどり着けたので

ほんとによかった、よかったです。

 

みなさん、山道を走る前の給油は忘れずにね。

 

翌日は、気のおもむくままにドライブ。

 

宿のおばちゃんが教えてくれた水源の

あまりに清々しかった空気感

 

f:id:tetsufootball:20190511100322j:image


f:id:tetsufootball:20190511100300j:image


f:id:tetsufootball:20190511100305j:image


f:id:tetsufootball:20190511100315j:image


f:id:tetsufootball:20190511100310j:image

 

やまなみハイウェイからの圧倒的な風景

 

f:id:tetsufootball:20190511100734j:image

 

歪んでいた自分自身のサイズが

元のサイズにちゃんと戻っていくあの感覚。

とにかく心地よかったんだな。

 

阿蘇めちゃくちゃオススメですよ。

 

 

 『 正しいお金の使い方と

   正しい時間の使い方と

   正しい命の使い方は似ている。

   それは自分の “ 好き ” に捧げることだ 』

           坂爪圭吾( 自由人 )

 

f:id:tetsufootball:20190511101040j:image


f:id:tetsufootball:20190511101030j:image


f:id:tetsufootball:20190511101011j:image


f:id:tetsufootball:20190511101015j:image


f:id:tetsufootball:20190511101035j:image


f:id:tetsufootball:20190511101021j:image


f:id:tetsufootball:20190511101026j:image

 

クラブユース選手権の最終結果。

 

なんとも悔しい結末となってしまいました。

 

 

  ● 決勝トーナメント1回戦

   vs FCグローバル 0対3

 

 ● 県大会出場決定戦

   vs 油山カメリアFC 1対2

 

 ● デベロップカップ出場決定戦

   vs オエステ福岡 2対6

 

 

自分自身の不甲斐なさが

とにかく、とにかく腹立たしい

今はその気持ちのみです。

 

試合に勝つって本当に難しい。

それは、勝った3試合でも強く思いました。

 

そして、勝てると心の底から嬉しくて

負けると暴力的に悔しくなるということも。

 

でもだから次は負けたくないし、勝ちたい。

子供たちのパーソナリティと才能を爆発させたい。

 

『 ほぼ日 』のコラムで

糸井重里さんがこんなことを書いていました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


サンドウィッチマンのお二人と、
 「たのしみ展」会期中の
 丸の内で、ラジオ番組の公開録音をやりました。

 

 二人とも高校でラグビーをやっていたので、
 その素晴らしさと共に、
 キツさや痛さも知っています。

 

 だれにも負けない体格をした選手たちが、
 これ以上無理というくらいの練習を重ね続けていても
 試合には恐怖感というものが顔を出すのだそうです。

 

 「怖いと思うことはありますか?」

 

 という質問には、
 おそらくほとんどすべての選手が、
 正直に「あります」と答えることと思います。

 

 しかし、ふと、ぼくはシロウトなりに気づきました。
 なんにせよ、ボールを持っている選手に向かって、
 相手は突進してくるわけですよねぇ。

 

 ゴールに向かおうとボールを持つ、
 だれかからパスされたボールをキャッチする、
 どちらにしても、
 敵軍からしたら、けしからぬ行為です。

 

 じゃまをしてやるぞと
 タックルしてくるわけです、よね? 
 だからボールから離れていれば
 攻撃されない。怖くない。

 

 そういうリクツになります。

 

 ぼくは、
 サンドウィッチマンの元選手たちに訊きました。

 

 「ボールを持つと怖いから、
  おれのところにボールを渡さないでくれ
  と願ったことはありますか?」

 

 お二人とも、間髪入れずに答えてくれました。 

 

 「あります」「あります」。

 

 こういう気持ちは、
 だれにもあるものだと思います。

 

 前にやった、矢沢永吉さんとの対談でも、
 「ヤオモテ、OK」という連載回があります。         https://www.1101.com/yaomote/2009-08-05.html

 

 みんなヤオモテに立つのは苦手だし、怖い。
 そのことへの逆説が、このタイトルでした。

 

 ヤオモテ=当事者=ボールを持ってる人。

 

 怖いに決っているのだけれど、がまんして、
 恐怖心はあるけれど、かっこつけて、
 痛い目にあうのはいやだけど、
 やらなきゃならないから…
 ヤオモテに立とうじゃないの! 

 

 そういうことを、
 永ちゃんはずっとやってきています。

 

 サンドウィッチマンさんも、
 五郎丸さんも、永ちゃんも、
 あえて足せばぼくも
 同じように怖いに決まってる人。

 

 でも、いっそ「ボール来い!」と言うから、
 いろんなことが
 もっとおもしろくなるんですよね。

 

 今日も「ほぼ日」に来てくれて

 ありがとうございます。

 

 「かっこつける」というのは

 理想に近寄ることでもある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これまでもずっとそうだったし

これからもきっとそう。今がまさにそう。

 

さあ、また「 ヤオモテ 」に立っていこう。

 

 

 『 ドアの向こうに夢があるなら

   ドアがあくまで叩き続けるんだ 』

         矢沢永吉( ミュージシャン )

 

f:id:tetsufootball:20190507124749j:image