読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

因縁の試合。


今晩は

コスタリカ代表にとって大事な試合!


メキシコと並んで

北中米カリブ海の地域をリードする国、

アメリカ代表とのホームゲームです。


しかもメキシコとの初戦を落とした

アメリカにとっては、

アウェイといえど勝ち点3が

是が非でも欲しい試合。


今日は朝からどのテレビ番組でも

その話題で持ちきり。

進行役の人たちはみんな

代表チームのユニフォームを着用しています。


今晩は残念ながら

テレビでの観戦となってしまいそうですが、

いやぁ、楽しみ楽しみです。


あー、ほんっと楽しみ!!!


ブラジルW杯では、

イタリア・イングランドウルグアイ

というあり得ないグループに

入ってしまいながらも、

まさかまさかまさかまさかの1位突破、

ギリシャも下しコスタリカにとっては

大成功とも言えるベスト8進出。


しかしアメリカ・メキシコと

この地域での立場が入れ替わったか

というと全然そんなことはなく。


つい先日もメキシコの関係者から

コスタリカはライバルだと思っていない 」

という発言があったようで、

お世話になってるコスタリカ人 ” マウリ " は

「 アメリカもメキシコも、

    コスタリカでは勝つことが

    全然できないくせに! 」

と怒り心頭。


コスタリカ

かなりライバル視しているけど、

アメリカとメキシコはほぼしていない、

というのが今の関係性かと。


けど少なくとも数年前よりは

両国との距離が縮まっているのは確か。


なので予選を突破するだけでなく、

首位で突破するのが

コスタリカ国民の切なる願いだと思います。


そう、昨日の夜に

マウリから言われて思い出したのですが、

ブラジルW杯のときの北中米カリブ海の最終予選、

アメリカとはちょっとした因縁が生まれたのでした。


アメリカで行われたアウェイゲーム。


その日はすさまじい大雪に。

どんどん積もっていき、

ラインは当然見えなくなり。


コスタリカ側は延期を要求したものの、

アメリカ代表監督クリンスマン

要求が通り試合は続行。


結果は1対0でアメリカの勝利。


これに怒ったコスタリカ

「フェアプレーに明らかに反している」

FIFAに再試合を要求。


そして怒りがピークに達した国民たちも、

ある行動をとりました。


4日後に行われた

ホームでのジャマイカ戦。


選手入場のときに一緒に入ってくる

フェアプレーの旗に対して

「 背を向けて」の大ブーイング → https://youtu.be/zMHTtM7dMgg


結局、再試合は開催されることなく

予選は進行されたのですが、

コスタリカで開催された

アメリカ戦には3対1で勝利。

溜飲を下げたのでした。


さぁ、今夜はどんなゲームになるのか…

Vamos Ticos!!



 『 今を戦えない者に、

      次とか来年とかを言う資格はない。 』

                            ロベルト・バッジョ(元イタリア代表)



f:id:tetsufootball:20161116030607j:plain