読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

コスタリカバス劇場。

 

前回の投稿で、

『 リオデジャネイロに降る雪 』という本の

ブラジルのクリスマス・イブの話しを紹介しましたが、

コスタリカに住んでいたときに

同じようなことがありました。

 

 

f:id:tetsufootball:20161012225217j:plain

 

 

コスタリカ代表とチリ代表の親善試合を観に行こうと、

首都サンホセからスタジアム周辺に向かうバスに乗りました。

車内は試合を観に行く赤いユニフォームを着た人たちで超満員。

( チリ代表も赤いユニフォームなんですが )

これから始まる試合に向けて、みんなテンション高めです。

 

この空気が変化したのは、スタジアム周辺に来てから。

 

試合会場は、

コスタリカの名門「 サプリッサ 」のホームスタジアム。

ここの周辺は民家が多いためただでさえ道幅が狭いのですが、

その上に、試合を観に来た人たちの車が路駐の嵐!

バスが通るのがやっとくらいの道幅に。

スピードはノロノロ。車内は少しずつイライラ。

 

そして、いよいよ・・・

 

小さな交差点を曲がろうとすると、

路駐の車が邪魔になって曲がれなく、

車内は一斉にブーイングと罵声の嵐。

バスに乗ってすぐのあのハッピー感はどこへやら。

次第に殺気立ってきて、怖さを感じ始めるほどに。

 

そんな中でも運転手のおじさんは動揺することなく、

どうにか曲がろうと、切りかえし、切りかえし、切りかえし、

ひたすら細かく切りかえしの繰り返し。

 

そして、いよいよ・・・

 

おじさんの努力が実り、ついに、カーブ成功!

すると車内の雰囲気も一変!拍手大喝采!!

で、座席や屋根を叩きバンバンながら、

 

 「 Si se puede!Si se puede! 」

 ( やればできる! やればできる!)

 

の大合唱!!

その最高潮な雰囲気のまま、スタジアムに到着。

バスを降りる乗客はみんな、運転手とハイタッチ&ハグ!!

 

何なんだ、殺気からのこの落差・・・

 

でもこういう部分って、

ちょっと羨ましかったりもするんですよねーー

 

 

 『 人を作るのが理性であるなら、

   人を導くのは感情である。 』

            ジャック・ルソー(哲学者) 

 

 

f:id:tetsufootball:20161012211458j:plain