読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

旅するコトバ vol.001。

f:id:tetsufootball:20170309224235j:plain

 

 旅するコトバ 』の第1回目が終了。

 

まだ何の形にもなっていない

 想い 」だけのイベントに来てくれた

参加者のみなさん、そして、

その想いを快く「  」に変えてくれた

 fato. 」の相原夫妻、

どうもどうもありがとうございました。

 

このイベントが

どこに向かっていくのか、

それはまったくわからないけども、

とにかく出発しました。

 

どこか辿り着きたい場所が

あるわけではないのです。

思いついて想像したときに、

なんか心がフワッと膨らんだから。

 

でも振り返ったら

自分のこれまでの人生も

 とにかく出発する 

から始まってることばかりでした。

 

ブラジルに行ったことも、

サッカーの指導者になったことも、

コスタリカに行ったことも、

 Futbol&Café mf 」で

働かせてもらったことも。

 

そして、これからの糸島への移住も。

 

それはたぶん、

思い描いたところに

確実に辿り着きたい欲求より、

予期していなかったところに

偶然に流れ着きたい欲求の方が強いから。

 

サッカーも

予期せぬことの方が多くて、

その度に「 とにかく出発する 

ことをしないといけないから、

飽きずにここまで

ってこれてるのかもしれないです。

 

 

f:id:tetsufootball:20170309224319j:plain

 

 

fato.

 とにかく出発する 

から始まっていました。

 

ホームパーティーを開いたときに感じた、

人をもてなすことの愉しさ。

 

それがきっかけとなって、

夫婦そろって仕事を辞め、

まったく想像していなかった

カフェをオープンするという展開に。

 

それからの6年も、

お店の名前に込めた

 巡りあわせ 」を大切に重ねながら、

様々な「 とにかく出発する 」を。

 

なかでも、イベント出店では

次々に新しい展開に巻き込まれ、

今では都内だけでなく、

関西方面からも声がかかるようになっています。

 

自分たちで

開拓していってる感じではなく、

ごく自然と輪が広がっていってるのは、

きっと、ふたりのこんなところから。

 

 

 人の良いとこに

    憧れやすいんですよね 

                             ( 隆司くん 

 

 男女問わず

    人を好きになりやすいんです 

                             ( 智子さん 

 

 

今回のイベントで

初めてfato.に来店したお客さんが

 

 お店に入った瞬間の第一印象は

     “ 包容力があるなぁ” でした 

 

と感じたのも、

ふたりの人に対しての好奇心、

そして、そこから生まれる

人を選ばない空気感なんだろうなと。

 

おかげさまで、

イベント自体もあたたかな空気感に

包まれて開催することができました。

 

やっぱりライブでないと

感じられないものってありますよね。

そして僕はそれが大好きです。

あらためてそう思いました。嬉しかったなぁ。

 

個人的に一番印象に残った

20168月1か月間のあり得ない話し 」や、

ふたりの思い入れのある本について、

などはこれから立ち上げる

イベント専用ブログの方で紹介させてもらいます。

 

これからもいろいろな場所で

 旅するコトバ 」開催していきたいです。

 

とにかく出発しました。

 

 

  『 一つだけわかったことがあった。

      それは、決心するということは、

      単に始まりにすぎない

      ということだった。

      決心するということは、

      まるで、急流に飛び込んで、

      その時には夢にも思わなかった場所に

      連れてゆかれるようなものなのだ 

                          「 アルケミスト より

 

 

f:id:tetsufootball:20170309224346j:plain