読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

旅の出逢い。


キューバの首都

ハバナの長距離バスターミナル、朝7:00。


バスで5〜6時間かかる目的地

「 トリニダー 」へのチケットは

前日に完売してしまったのですが、

キャンセル待ちできるということで

朝早くにやって来ました。


ところが

いざバスターミナルに来てみると、

僕も奥さんもなんかモヤモヤ。

行きたい場所に対しての気分が

変わってきてしまいました。


「 せっかくなら行っちゃう?」


「 よし、行っちゃおう 」


そして目的地は、

バスで16時間かかるキューバ東部の街

サンティアゴ・デ・クーバ 」へと変更。


ここには

もともと行こうとは思っていたのですが、

なにせ遠いので途中の街を巡りながら、

刻んで刻んで向かおうと考えていました。


でも


「 16時間のバス移動の

    予測できない感じも惹かれるなぁ…

    しかもキューバで… 」


結局その気持ちが

お互い上回ってしまい目的地変更、

チケットも無事に購入できました。


出発は15:00だったので

待ち時間は8時間ほど。

待ち合い室でノンビリ待つことにしました。


奥さんが持ってきた、

谷川俊太郎さん、高田宏さん、

よしもとばななさんの対談集

『 ことばを生み出す三角宇宙 』を。


「 ぼくなんかでも、

     わりと枠があったほうが

     書きやすいところがあって、

     題名が決められたり、

     行数が限られているほうが

     やりやすいとか、

     それと同じようなことだと思います。

     形というか器みたいなものが

     必要だということは、

     文章の上でもなんの上でも

     必ずあると思うんです。」


意外だった谷川さんのその言葉。


顔を上げると

待ち合い室のテレビでは

スペインリーグの

バルセロナ vs マラガ 」

の試合が放送されていました。



f:id:tetsufootball:20170107192614j:plain



確かにバルセロナにも器がある。

その器があるからこそ

余計な迷いがなくなって、

一人ひとりのパーソナリティが

より輝くんだよなぁ。


縛りつけるためではない、

より広がっていくための、

より自由になっていくための器は

今の日本だとどの分野であるんだろう…


「 日本人の方ですか?」


ふいに声をかけられ、

そちらを見ると

年配の日本人の男性と女性が。


「 どちらに行かれるのですか?」


そこからいろいろな話しになりました。


仕事は少し前に

リタイアされたということ、

1年に数回ご夫婦で

外国への旅に出るということ、

ツアーの旅は耐えられないということ、

辺境の地ほど行ってみたいということ。


僕たちも

自分たちの話しをするとご主人は


「 へぇ、似た者同士だね、嬉しいなぁ。

     もしまだ時間あるなら、

     そこの食堂で朝食でも

     一緒にどうですか?」


そしていたずらっぽい笑顔を浮かべ


「 大丈夫、

    お金はいっぱい持ってるから(笑)

    ぜひぜひごちそうさせてください 」


みんなで食堂に移動して、

あらためて自己紹介を。


そして4人分のキューバサンドを注文。


「 ビールは飲めます?

     せっかくの出逢いだから

     乾杯しましょうよ 」


「 Bucanero 」という

キューバビールで乾杯。


その後も

それぞれの人生や旅のいろいろな話しを。

ビールを次々にお代わりしながら。

しかも早朝に。


楽しかったなぁ、ほんと楽しかった。


予期せぬ出逢い、予期せぬ展開。

まさに旅の醍醐味のひとつ。


「 この人(ご主人)は

     飛行機でもバスでも

     必ず窓際の席にすぐ座るんです。

     で、飽きずにずーっと

     外の風景を眺めてるんです 」


「 いや、だってさ、

     うちらの見たこともない世界が

     そこに広がってると思ったら、

     それはやっぱ見たいじゃん、

     見逃したくないじゃん。

     オレは見たことのない世界を

     これからもずっと見ていきたいんだ 」


気づけば、時間は10:00過ぎ。

おふたりのバスの出発が迫っていました。


「 もしよかったら、

     僕の連絡先を渡してもいいですか?」


その申し出にご主人は


「 いやいや、

     これは旅の出逢いってことで。

     縁があれば、

     きっとまたどこかで逢えるよ 」


そして、

まだしばらくバスを待つ僕たちのために

持ち帰り用のキューバサンドとビールのお代わりを置いて


「 どうもありがとうね、

     ほんと楽しかった! 」


と颯爽と去っていったのでした。


どうもありがとうはこちらこそ。

また世界のどこかで!



  『 旅人の目的地は場所ではなく、

       世界を見る新しい視点だ。』

                    ヘンリー・ミラー(作家)



f:id:tetsufootball:20170107192708j:plain