読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

最初の宿。


今回の中南米ジャーニー、

予定をほぼほぼ決めずに旅しているのですが、

コスタリカ初日の宿だけは決めていきました。


「 エクスペディア 」

というサイトで探した

首都サンホセにある宿。


金額的にギリギリいけてたのと、

雰囲気がなんとなく良かったから。


予約してから気づいたのですが

その宿の名前は「 ヘミングウェイ イン 」。


老人と海 』の作家

アーネスト・ヘミングウェイから

取った名前の宿でした。



f:id:tetsufootball:20161115032613j:plain



ヘミングウェイが愛した国

キューバには行こうと考えているので、

おお、なんか幸先いいぜ、

と勝手に思い込んでおります。


こうなったら向こうで

ダイキリ飲むしかないなぁ。


ヘミングウェイ イン 』は

サイトで見た通り、いい雰囲気の宿でした。


木造の建物内には

いろいろなところに

絵などが飾ったり描かれたり、



f:id:tetsufootball:20161115032815j:plain



f:id:tetsufootball:20161115032946j:plain



階段の上り下りでは軋む音がしたり。



f:id:tetsufootball:20161115033039j:plain



料金に含まれていた朝食では

コスタリカの伝統料理ガジョピントも

食べられたり。



f:id:tetsufootball:20161115033145j:plain



結果的には大正解な宿でした。



 『 今は ” ないもの " について、

      考えるときではない。

      ” 今あるもの ” で何ができるかを、

      考えるときである。 』


 『 ” これをやりにおれは

      生まれてきた ” 

      と思えることだけを

      考えていればよい。 』


 『 作家の仕事とは、

      判断を下すことではなく、

      理解しようとすること。 』

                アーネスト・ヘミングウェイ



f:id:tetsufootball:20161115033431j:plain



今は友人 ” マウリ ” の家を

拠点にさせてもらいながら動いているので、

コスタリカ国内や国外へ遠出をするときには

また宿探しをする感じです。


価格以外に

ふたりの中で何を優先していくか

など考えるのはなかなかオモシロイ作業。


アタリもあれば、

ハズレもあると思いますが。


まぁ、それも含めて旅ということで。



 『 あちこち旅をしてまわっても、

      自分から逃げることはできない。 』

               アーネスト・ヘミングウェイ(作家)



f:id:tetsufootball:20161115033647j:plain



f:id:tetsufootball:20161115033749j:plain