読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Football × Journey = Pura Vida!

Pura Vida!とは中米コスタリカの挨拶でよく使われる「素晴らしい人生だよ!」の意味。

優しさの出発。


コスタリカに無事に上陸して

今日で6日目となりました。


日々感じていることが多すぎるからか、

まだ1週間も経っていないことにビックリ!

嬉しいビックリな感覚です。



f:id:tetsufootball:20161111001516j:plain



友人の ” マウリ ” に、

こんなこと言われました。



  「 つい数日前まで雨ばかりたったのに、

       テツたちは本当にラッキーだな〜。

       雨季から乾季にちょうど変わったね。  」



確かに毎日が青空!!

もう、ただただラッキー!!



f:id:tetsufootball:20161110234716j:plain



f:id:tetsufootball:20161110232801j:plain


そのマウリは、

コスタリカで所属してたチームの

フィジカルコーチ。


たまたま奥さんが日本人で

( 現在は離婚をして独身 )

それがきっかけで仲良くなり、

来日したときに

何回か飲みに行ったりもしていました。


そして今回、

成田空港を出発する数時間前に、

そっちに遊びに行くよとメッセージを送ると、



  「 おお、そうなんだ!

       うちに泊まっていけな!

       何時にコスタリカに着く?

       飛行機の便名は? 」



  「 グラシアス!!

       18:00着で、便名は◯◯◯だよ。

       でも初日の宿は決まってるから、

       翌日にまた連絡するね。 」



  「 オーケー!

       なら、空港に迎えに行くから!

       宿まで送ってあげるよ。

       でもその時間だとオレが行けないから、

       前に日本でテツも一緒に飲んだ

       " ファンカ " が迎えに行くから。 」



そして実際、

ファンカが車で迎えに来てくれ、

宿まで送り届けてくれたのでした。



f:id:tetsufootball:20161110235839j:plain



何なんだー、その優しさ!

半日前に急に連絡したのにその対応!


自分にそういうことができるのか、

めっちゃ考えさせられました。


しかも翌日は、

マウリが迎えに来てくれ彼の家へ。



f:id:tetsufootball:20161111000312j:plain



f:id:tetsufootball:20161111000413j:plain



  「 今日からここは、

       ふたりの家でもあるから、

       何の遠慮もしないでくれよ。 」



f:id:tetsufootball:20161111000706j:plain



鍵も預けてくれ、

ここを拠点にしながら、

ほんと自由に過ごさせてもらっています。


たくさんの優しさと

たくさんの太陽に包まれた日々。


コスタリカはやっぱり Pura Vida!



  『  優しさとは、

        耳の聞こえない者も

        聞くことができ、

        目の見えない者も

       見ることができる言葉なんた。  』

                   マーク・トウェイン(作家)



f:id:tetsufootball:20161111003210j:plain